1. HOME
  2. 企業情報
  3. CSR・企業倫理活動

企業情報 CSR・企業倫理活動

CSR基本方針

オムロングループでは社憲と基本理念の精神を基本に置きながら、「経営指針」に示したステークホルダーとの誠実な対話と信頼関係を重視する経営を目指しています。

CSRの取り組み方針

事業を通じてよりよい社会をつくること
ソーシャルニーズを創造し、優れた技術、製品、サービスを提供し続けていく。
社会が抱える課題に当事者として自ら取り組むこと
人権・労働問題や環境問題など、さまざまな社会課題に対し、オムロンの特色を活かした取り組みを行う。
企業活動を進める上で、常に公明正大であること
法令や社会ルールの遵守はもとより、説明責任を果たし、より透明で公明正大な経営を実践していく。

CSR取り組みのフレームワーク

CSR取り組みのフレームワーク

当社においてもオムロングループの一員としてその責務を果たすべく、 「企業理念」の浸透や法令遵守、社会課題への取り組み、地域社会への奉仕活動など積極的な活動 を推進しています。

推進体制

CSRおよび企業倫理活動は、社長を筆頭に「推進責任者」および「企業倫理委員」(企倫委員)を設置し、さらに「セクシャル・ハラスメント相談窓口」を組織化した「企業倫理行動組織」において推進しています。

企業倫理行動組織

社内におけるCSRと企業倫理行動体制

企業倫理行動組織図

各組織の役割
管理組織長
代表取締役社長がその任につき、社内におけるCSR・企業倫理行動について指揮する
副管理組織長
管理部門担当役員が担当し管理組織長を補佐する
推進責任者
各部門の部長が担い社員への積極的な活動を推進する
企倫委員
「オムロングループ企業倫理行動委員会」の選任者で、オムロンとの窓口機能である
CSR推進担当
社内のCSR活動・情報セキュリティ管理の推進を担当する
セクシャル・ハラスメント相談窓口
社内におけるセクシャル・ハラスメントに関する相談窓口機能

活動目的

  1. オムロングループの「企業理念」の精神を浸透させ、「CSR行動ガイドライン」「行動指針実践ガイドライン」に沿った企業活動を推進させる
  2. よき企業市民の一員として地域社会の経済・文化の発展や社会への奉仕を積極的に推進する